お電話でのお問い合わせ

宿泊予約

ご宴会・会議BANQUET
ご法要

お電話はコチラ
TEL. 011-373-3829

在りし日を偲ぶ大切な儀式

心に残る思い出を和やかに語るひととき。
故人を偲ぶ大切なご法要にふさわしいお席とお料理をご用意して皆様をお迎えしております。

法要ご会食プランのご案内

  • 和会席コース

    おひとり様 11,000円(税込)
    • 先 付(大皿盛り)季節の和え物
    • 箸 染(大皿盛り)和鴨ロース 北寄サラダ
    •       蟹奉書巻き 雲丹豆腐 海老三升和え
    • 御造り(大皿盛り)本鮪 牡丹海老 そい 螺 雲丹 妻いろいろ
    • 御凌ぎ 生寿司
    • 焼き物 道産牛の陶板焼き
    • 小 鍋 キンキ柚子鍋
    • 揚げ物 季節の揚げ物
    • 蒸し物 雲丹茶碗蒸し
    • 御食事 人参うどん
    • 水菓子 メロン 苺

    ※料理内容は季節により変わります。

  • 和洋中ミックス会席コース

    おひとり様 11,000円(税込)
    • アミューズブッシュ
    • 旬のお造り盛り合わせ
    • 海の幸入りテリーヌ
    • タラバ蟹とフカヒレのとろみスープ
    • 海の幸3種のボッシュ
         ズワイ蟹入りクリームソース
         (キングサーモン ラドラキンキ 帆立)
    • 鴨肉のロースト マスタードソース
    • 道産牛フィレ肉の黒胡椒炒め
    • 握り寿司三種盛り お吸い物
    • ホテル特製デザート

    ※料理内容は季節により変わります。

法要祭壇(仏式)一例

お集りのご人数に合わせてお選びいただける大、中、小の会場がございます。

ご法要までの流れ

落ち着いた雰囲気の中、故人を偲ぶ。
皆様のお気持ちにふさわしい ご法要をお手伝いいたします。

四ヶ月前

お日取りを決めます。
ご命日の直前の休日に執り行う場合が多いようです。ご法要は午前中、そしてご会食を昼食に合わせられるのが一般的です。

四十日前

お日取りご案内を手配・投函します。
お身内やごく親しい人の場合、お電話でのご案内でかまいませんが、多くの方をお招きする場合は、ご案内状が必要となります。 また一周忌の場合は、生前親交のあった大勢の方へ、ご案内状を差し上げます。

二十日前

出欠の確認、当日の準備に入ります。
ご出欠の人数がほぼ決まりましたら、お席順、お料理、お引物等を手配します。

五日前

最終的なチェックをします。
ご法要、ご会食、お引物など、細部にわたり最終確認をおこないます。

当日

一周忌法要の場合には、施主側は喪服を着用せず、礼服か略礼服が一般的です。
回忌を重ねるごとに礼服もダークスーツとなるようですが、一般列者より軽装にならないよう気をつけましょう。

ご法要のご案内

祭壇
一式 33,000円
一式 39,000円

法要室料・僧侶控室・仏壇仏具一式・供花・供物が含まれています。
お引き物は各種ご用意しておりますので、ご相談ください。

ご会食
お一人様(税込) 13,000円プラン
11,000円プラン
9,000円プラン
7,000円プラン

お飲物はご利用分、別途料金にて承ります。
和会食・ミックス会食・中国料理からお選びいただけます。
上記プランには、お料理・卓上装花・席料が含まれております。

オプション料金(税込)

ご案内状(10組)6,000円より|宛名書き(1枚)120円|メニュー(1枚)50円|席札(1枚)60円|献花(白菊またはカーネーション) 1本400円|アレンジ花(1台)5,000円より|供花(追加分1対)10,000円より|集合写真(1枚)1,000円より ※15枚より承ります。

ご法要について

ご法要とは
ご法要とは故人の冥福を祈り、供養するための大切な行事です。
親しかった人々が集まり、故人との思い出を語り合いながら、在りし日を偲びます。
ご法要の種類
亡くなった日を入れて七日目ごとに忌日(いみび)があり、故人の供養をします。
七日目を初七日(しょなのか)、十四日目を二七日(ふたなのか)、二十一日目を三七日(みなのか)、二十八日目を四七日(よなのか)、三十五日目を五七日(いつなのか)、四十二日目を六七日(むなのか)、四十九日目を七七日(なななのか)といい、これをもって「忌明け」とします。
特に初七日と忌明けの四十九日は大切な日とされ、親戚、知人を招いてご法要を営むのが一般的です。
四十九日の後は百か日、一周忌(満一年目)、三回忌(満二年目)、七回忌(満六年目)、十三回忌、十七回忌、二十三回忌、二十七回忌、三十三回忌、三十七回忌、四十三回忌、四十七回忌、五十回忌と続きます。
なお、一周忌以降のご法要を年忌法要といい、基本的に故人の祥月命日(しょうつきめいにち・故人の死んだ月日と同じ月日)に法要を行います。
ご法要の当日は僧侶を招いて読経してもらい、遺族や友人、知人が仏壇にお線香をあげます。終了後は、「お斎(とき)」というご会食の席を設け、僧侶と参列者をもてなします。
この他、神式・キリスト教式の祭式もございます。

会場のご案内を見る

お電話はコチラ
TEL. 011-373-3829


Copyright© 札幌北広島クラッセホテル 2015 All Rights Reserved.